大阪で弁護士をお探しの方はご相談ください。

弁護士法人心 大阪法律事務所

債務整理の相談の際に集めておくとよい資料はなんですか?

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2021年5月7日

1 債務整理の代表的な手法

借金の整理をする場合の、代表的な手法は①任意整理、②個人再生、③自己破産の3種類です。

相談を受けた弁護士は、お客様の家計に関する事情を丁寧に聴き取って、この3つのうち、どれがもっとも適した手続きかを検討してご提案する流れになります。

その際に、弁護士が意識するのが、以下の4つの項目です。

2 ①借金の内容の把握

借金の内容とは、具体的には、どこから、全部でいくら借りていて、毎月いくら返しているのかということです。

通帳や利用明細等の返済履歴や、債権者から届いた手紙を保管しておいていただけると事案を把握しやすくなります。

3 ②収入の状況

返済計画を立てるには、その原資となる収入がなくてはなりません。

したがって、どの程度の収入があるのかを資料の裏付けを持って確認したいと考えています。

給与明細や源泉徴収票があれば、収入の裏付け資料になります。

4 ③生活費等の支出

弁護士が介入すれば、返済を止めても督促を受けることはなくなります。

しかし、借金の返済がなくても、生活費だけでも赤字になる家計では、債務整理を進めることは困難です。

そのため、収入と支出のバランスを把握する必要があります。

通帳などから電気代等が引き落とされている場合には、通帳をみればわかりますし、そうでない場合には、簡単な家計簿の形式で支出を整理していく必要があります。

5 ④財産の状況

収入が少なくても、所有している財産が高額の場合には、その財産から返済を求められて、個人再生や自己破産の負担が大きくなってしまう恐れがあります。

財産については、預貯金だけではなく、不動産や生命保険の解約返戻金など、幅広く確認する必要がございますので、ご自身の資産も確認しておいていただけると、スムーズに相談が運ぶのではないかと思います。

6 借金でお困りの方は弁護士法人心にご相談ください

これらの資料の把握をとおして、資産・負債・収入・支出という相談者の方の経済状況を適切に把握することが可能となります。

また上で挙げた資料は、自己破産や個人再生の際に裁判所に提出する必要のある資料とも重なっているので、事件の見通しを立てるうえでも有益です。

もちろん、これらの資料を全て1人で集める足り整理するのは大変かもしれません。

その場合には、資料の集め方や整理の仕方なども、弁護士から丁寧に案内させていただきます。

大阪で、借金でお困りの方は、ぜひお気軽に弁護士法人心までご相談ください。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ