大阪で弁護士をお探しの方はご相談ください。

弁護士法人心 大阪法律事務所

交通事故・後遺障害

詳細につきましては、以下の各サイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

交通事故案件を当法人が得意とする理由について

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2022年8月15日

1 交通事故について弁護士にご依頼いただく意味

交通事故の被害者本人が、相手方保険会社と直接交渉することには、大きな負担を伴います。

保険会社の担当者は、交通事故に関する交渉のノウハウと、組織によるバックアップを有しています。

一方、被害者の方にとって、交通事故に遭うことは生まれて初めてのことであることがほとんどであり、何が正しくて、何をすればよいのかなど、わからないことでしょう。

そんなとき、交通事故に詳しい弁護士にご依頼いただければ、相手方保険会社との交渉をお任せいただき、ご安心いただけます。

2 弁護士法人心と交通事故案件

交通事故事件を遂行するにあたり、最も大切なことは、交通事故案件に関するノウハウです。

当法人では、交通事故案件を担当する弁護士が多数在籍しております。

これにより、一人一人の弁護士が、多数の交通事故案件の経験を積んでおります。

当法人では、これまでにも多くの方からのご相談をお受けしており、これらの案件を解決するなかで培ったノウハウを、事務所内研修により全体に反映しております。

また、当法人には、後遺障害の調査を担当する損害保険料率算出機構において後遺障害の等級認定業務に従事していたスタッフが在籍しており、後遺障害の申請に関するノウハウが豊富です。

3 交通事故のご相談は当法人へ

当法人は、交通事故を専門に扱うスタッフが多数在籍し、全国からご依頼をいただくことにより、経験に裏付けられた豊富なノウハウを蓄積しております。

これにより、交通事故に関するご依頼をいただいた際、迅速かつ適切な対応を可能としております。

大阪にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、是非、当法人にご相談ください。

交通事故によるケガの後遺障害の申請方法について

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2022年5月25日

1 後遺障害の申請方法

交通事故で受傷した場合、医療機関等で治療を行うことになりますが、治療を続けても症状の改善が望めない状態になった時点で、自賠責保険へ後遺障害の申請を行うことになります。

2 後遺障害の申請は誰がするのか

自賠責保険に後遺障害を申請する場合、主治医に後遺障害診断書を作成してもらう等、必要書類の準備をして、加害者が加入する自賠責保険の保険会社に申請書類を提出します。

この申請書類の準備・提出等の申請手続については、加害者が加入する任意保険会社が申請書類を準備して申請する方法(いわゆる任意保険会社による事前認定)と、被害者やその代理人が申請書類を準備して申請する方法(被害者請求・16条請求)の2つの方法があります。

3 事前準備と被害者請求のメリット・デメリット

事前認定の場合、加害者側の担当者が申請手続をしてくれるため、被害者は加害者側の担当者に任せることができるというメリットがあります。

また、弁護士費用特約に加入していない場合、弁護士に依頼して被害者請求を行う場合の弁護士費用が発生しなくて済むという点もメリットです。

他方で、加害者側の担当者が申請手続をするので、申請する際の資料に被害者の症状について誤った情報や誤解を生む記載があっても、被害者が訂正できず、後遺障害の認定に不利に働く危険性があります。

また、事前認定の場合、被害者がどの医療機関にどのような後遺障害診断書を作成してもらえばよいのかといった悩みを抱えても、任意保険会社が親身に対応してくれないというケースもあるようです。

被害者請求の場合、適切な後遺障害の等級認定のために、どの医療機関にどのような後遺障害診断書の作成を依頼すればよいかなど、後遺障害に詳しい弁護士によるサポートを受けることができるというメリットがあります。

後遺障害診断書が作成された後も、被害者の側で資料を準備することになるので、被害者の症状について誤った情報や誤解を生む記載を訂正することができ、後遺障害の認定に不利に働くことを阻止できる点もメリットです。

被害者請求のデメリットは弁護士に依頼する場合に発生する弁護士費用が挙げられますが、自動車保険に弁護士費用特約の付帯がある場合にはこのデメリットは解消されることも多いです。

交通事故について弁護士に依頼するメリット

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2022年10月12日

1 交通事故の解決に向けて

交通事故で被害に遭ったご本人が、交通事故の案件を解決に向けて動くことは、もちろん自由です。

しかしながら、一般の方の多くは、交通事故の実務や詳細な後遺障害認定の基準・実務等を知っているとは言えないでしょう。

知らないまま進めてしまうと、取り返しのつかない事態になってしまうおそれもあるため、注意が必要です。

交通事故に関する問題でお困りの際には、弁護士に相談しましょう。

2 弁護士に相談するメリット

⑴ 賠償金額があがることが期待できる

事故の相手方が加入している保険会社が提示してくる示談案では、賠償金額が低額で示されていることが少なくありません。

このような保険会社からの提案を鵜呑みにして示談をしてしまうと本来受けられるべき賠償金を受け取ることができなくなってしまうという事態になりかねません。

示談をする前に弁護士に相談することで、示談金額が適正なのか、示談金額が上がる可能性があるかなどを知ることができ、また、弁護士が入ることで賠償金額が上がる可能性が高まります。

⑵ 面倒な手続きや交渉を任せることができる

後遺障害申請や相手方保険会社との交渉は、一般の方にとっては非常に骨の折れる作業となります。

弁護士に相談、依頼することで、このような苦労から解放され、治療に専念することができるでしょう。

また、専門家である弁護士が行うことで、適切な後遺障害等級の認定を受けることができますし、適切な金額での示談をすることが可能になるというメリットもあります。

3 交通事故のことなら当法人にご相談ください

交通事故に関する問題を弁護士に依頼するメリットは他にもあります。

弁護士に依頼すると自身にとってどんな有利なことがあるのか、依頼した場合の見通し、依頼した場合の費用等、気になることは色々とあるかと思います。

弁護士が丁寧に対応させていただきますので、とにかく一度話を聞いてみたいという大阪の方は、当法人までお気軽にお問い合わせください。

交通事故の示談交渉は弁護士へ

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2022年9月13日

1 交通事故の示談とは

交通事故の示談交渉は、生じた損害や過失割合を話し合いで決定する作業のことを指します。

交通事故の示談交渉のときに被害者の方の示談交渉の相手となるのは、交通事故の加害者本人ではなく、加害者が加入している保険会社である場合がほとんどであり、保険会社は、被害者の方に比べて交通事故の知識が豊富であるため、注意が必要です。

交通事故の知識が不足しているままに保険会社と示談交渉を行うと、被害者の方としては、自分の主張や思いを適切に反映できないままの示談となってしまうおそれもあります。

そのため、交通事故の示談交渉は、ご自身で進める場合よりも、弁護士に依頼をして行ってもらう方が良いと思います。

2 交通事故の示談交渉を弁護士に相談するのはいつが良いか

交通事故の示談交渉を弁護士に相談するのはいつが良いのでしょうか。

弁護士への相談は早ければ早いほど良いという見解があります。

交通事故に遭った直後から弁護士に相談をして、病院や接骨院への通院状況や加害者側の保険会社の対応などを弁護士に伝えることで、今後の示談交渉に役立つアドバイスを得ることが出来る可能性があります。

もちろん、保険会社から示談内容が提示された後に弁護士に相談し、保険会社から提示された内容で示談をしても良いのかということを弁護士に確認することもできます。

3 交通事故のご相談は弁護士法人心へ

当法人では、病院や接骨院へ通院しているときのアドバイスから示談金のチェック、示談交渉まで、交通事故の被害者の方がどのタイミングで相談されても対応できる環境を整えています。

交通事故を得意とする弁護士が対応させていただきますので、大阪で交通事故の被害に遭ってしまい、交通事故の示談交渉について弁護士に相談しようかとお考えの方は、弁護士法人心 大阪法律事務所までご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

交通事故でお悩みの方、ご相談ください

事故対応についてサポートいたします

自分がどんなに気を付けていても、交通事故は誰にでも起こりうるものです。

事故に巻き込まれてどうすればいいかわからない、事故によって後遺症が残ってしまった、保険会社との交渉に不安を感じているといった場合には、弁護士にご相談ください。

交通事故にあわれた際には、不安や動揺の気持ちが大きくなる方がほとんどだと思います。

そういった状況の中で、警察対応、損害保険会社対応など、事故対応で気をつけなければならないことはたくさんあります。

また、交通事故を適切に解決するためには特に専門性の高い知識が必要になります。

そのため弁護士法人心では「交通事故チーム」を作り、交通事故の案件を集中的に行っている弁護士が、対応させていただきます。

例えば、弁護士に依頼することで保険会社との示談交渉などにご自分で対応する必要がなくなり、また、慰謝料などの賠償金額も弁護士が示談交渉した方が多くなる可能性があります。

弁護士法人心 大阪法律事務所にご相談ください

当法人では、損害賠償額(示談金)や後遺障害の等級を無料で診断するサービスを行っており、またすべての保険会社の「弁護士費用特約」が利用できます。

弁護士費用特約を利用しない場合でも、交通事故被害者の方は原則として相談料や着手金を無料とさせていただいておりますので、弁護士に相談するか迷っているという方も、お気軽にお問い合わせください。

大阪の事務所にお越しいただくことが困難な場合には、電話での相談も受け付けております。

弁護士法人心 大阪法律事務所では、皆様が納得のいく解決ができるようサポートいたします。

交通事後でお困りの方は、どうぞお問い合わせください。

お問合せ・アクセス・地図へ