大阪で弁護士をお探しの方はご相談ください。

弁護士法人心 大阪法律事務所

弁護士に債務整理を依頼すると借金を減らすことができるのか

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2022年10月3日

1 弁護士に依頼することでどういった変化があるか

借金の返済に行き詰まり、弁護士に相談する債務者の方にとって、一番大きな関心事となるのは、弁護士に依頼した結果、借金の残額や返済額がどうなるのかというところです。

2 返済や督促は弁護士に依頼すると一時的に中断します

債務者には任意整理や個人再生、自己破産などたくさんの手続きがありますが、どの手続きをとる場合でも、弁護士に依頼すると、一時的に返済や借金の督促は中断することになります。

そのうえで、弁護士が債権者と交渉したり、裁判所で手続きをとることによって、借金の残額や毎月の返済額が変わっていくことになります。

3 借金の減額や返済額の変化について

任意整理の場合、債権者と交渉して毎月の返済額を減額したり、将来の利息をカットするよう求めたりできることが多いですが、借金の元本のカットまでは求めることが困難であることが多いです。

他方で、個人再生の場合には、裁判所の手続きを利用することで借金の元本も含む総額を減額できる可能性が高いです。

この場合、毎月の返済額は、裁判所で定めた再生計画と呼ばれる返済の計画に基づいて返済をしていくこととなります。

自己破産の場合には、免責決定まで得ることができれば、借金の返済義務はすべて免除され、毎月の返済額は0円となります。

4 弁護士までご相談ください

最終的に、手続きを行った場合にどのような結果になるかや、そもそもどのような手続きが選択可能かについてはケースバイケースですので、弁護士までご相談をいただく必要があります。

大阪で債務整理を得意とする弁護士をお探しの方は、ぜひ一度、当法人までご相談ください。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ